内窓を変える

内窓リフォームとは何か

機能性のみを求める場合には、窓ガラスのみの交換も行われますが、窓のリフォームと言えばサッシの取り換えになります。全ての機能性や外観性を向上させるには内窓におけるリフォームが最も効率的と言われています。 内窓とは、既存サッシをそのまま残し、新たなサッシを内側から装着させるものとなります。従来のものと比べ、取り外し工事が不要、設計不要、取り付け工事に必要な壁面の修繕不要と様々な費用削減に貢献できるリフォームとなります。内窓では、安く簡単に行えるリフォームが可能ですが、断熱性、エアコンなどの消費エネルギー削減に大きく貢献できるものとしても注目を集めています。

リフォームにかかる費用

内窓のリフォームでは、既存のサッシを残したまま施行するものである為、ある程度窓の大きさには限りが生じます。工事にかかる費用では、予想以上の費用増加を伴う事はまずありません。1メートル四方の窓を内窓に変える場合、平均価格として5万円前後が相場となります。しかし、内窓といってもその種類は非常に豊富であり、機能性にも種類が存在します。 通常、窓ガラスではシングルガラスが使用されているのですが、より機能性を重視したものにはペアガラスによる内窓が存在します。これによって、気密性の向上に加え防犯機能の向上にも期待が持てるものとなっています。しかし、機能性が向上すればするほどその価格は格段に高くなる傾向にあります。もちろん、窓ガラスの大きさによっても価格は向上するものとなります。