浴槽を綺麗にする

コーティングは汚れや傷の防止に役立ちます。

コーティングは表面を被覆するものなので、コーティングを行うと一気に浴槽を蘇らせることができます。細かな傷ならばコーティングで十分に補修が可能です。また、カラーコーティングといって汚れを消すことを目的としたものもあります。カラーコーティングは汚れを消すだけではなくツヤも出せるので、新品同様の見た目になります。コーティングは汚れや傷の防止にも有効です。浴槽が新しいうちにコーティングしておけば、補修が必要になる場面も少なくなります。今後は浴槽にコーティングを施すケースは増えていくはずです。

ひび割れの補修は自分でも行えます。

汚れや傷の他に、浴槽のトラブルとしてよくあるのがひび割れです。ひびが入っているとそこからお湯が漏れ出して、入浴に支障をきたします。ひび割れの補修材は、ホームセンターなどで市販されています。そのため自分でも補修することができるのです。補修材を選ぶうえでの注意点は、浴槽に特化した商品を選ぶことです。ひび割れ用の補修材はたくさんあり、それぞれ用途が異なるので間違って購入しないよう注意してください。作業時の注意点は、浴槽が完全に乾いた状態で行うことです。濡れた状態だと、補修材が十分に固まりません。補修材はヘラを使って割れた部分に塗り込んでいきます。若干多めに塗り込んで、余った部分はヘラで削るときれいに仕上がります。